ご存知ですか?自前で営業職を揃える時代が終わりつつあることを

営業部門にもアウトソーシングの波が押し寄せている

今の時代は、何でもかんでもアウトソーシングをする時代ですよね。可能な限り人件費を抑制しようと、外部に投げられる仕事はすべて投げてしまう経営者が多くなってきています。営業部門にまで、アウトソーシングの波が押し寄せているのが現状です。現在においては、営業代行会社というものが存在していて、そこに頼めばすぐに必要なだけの営業マンを揃えることができます。しかも、クオリティの高い優秀な営業マンをすぐに揃えられるので、もはや自前で営業職の社員を雇う必要すらないのです。

営業職をアウトソーシングをすることのメリット

営業職をアウトソーシングすると、とにかく人件費が安く済みますよね。会社の社員数を減らせますし、無駄なお金を使わなくても済みます。最初から鍛えられた一流の営業マンを使えるのも、営業代行会社の魅力です。弱小会社でもトップレベルの営業力が手に入ります。個人事業主の人にも使いやすいというメリットがあるでしょう。必要がないときには契約を打ち切っておけば、経営のスリム化を達成できます。社員を抱えるのは大変ですから、経営が楽にできるようになるでしょう。

営業代行会社は今後さらに増える見込み

営業代行業者はすでに数百社存在していますが、今後はさらに増えていく見込みです。将来的には、自社で営業職を揃える会社が本当に少なくなる可能性はあります。ただ、企業秘密を守らなければならない関係もありますし、将来的に役員ポストを任せるために営業を経験させなければならないこともあるでしょう。ですから、完全に自社で営業職を抱える会社がゼロになることはないはずです。しかし営業をしたい人の身の振り方は大きく変化する可能性は大です。

契約成立などの成果に応じて対価を支払う営業代行サービスを、成果報酬型と呼びます。依頼主にとってはリスクの低さが魅力ですが、商品によっては代行を断られる場合があります。