リサーチで就活を有利に!適性検査の効果的な対策方法

企業が求める人材か判断するための材料の1つ

企業の就職活動で適性検査を実施しているところは数多くあります。適性検査はどんな意味があるの?と思う方もいるかもしれませんが、適性検査は実施することで、面接では分からないメンタル面やストレス耐性を知ることができるので採用判断の重要な材料の1つになります。また、検査結果を数値化することで、その人物のパフォーマンス能力が分かるので企業が求める人材を採用しやすくなります。採用に近づくには、自分が希望する企業の求める人物像にいかに近づけるかということがポイントになるでしょう。

希望の企業をリサーチして適性検査の対策をしよう

就職活動の適性検査は対策をきちんとすることで、つまずくことなく逆に自分に有利にもっていくことができます。企業が求める人物像に近い回答をすることで通過しやすくなるので、まずはどういった人物が求められているかリサーチすることが大切です。また、同じような質問が繰り返されることが多いので回答がぶれないようにしましょう。仕事をする上で向上心や持続力は大切なので、そこにつながるような回答をすることで高評価が得られます。しかし、あまりに自分を偽り過ぎると後で逆効果になるので注意するようにしましょう。

企業によって異なる適性検査の内容

適性検査といってもいろいろな種類があります。一般的に知られているのはSPI3という国語、算数、性格検査から成り立つもので企業によってはWeb上で行われる場合もあります。他にも、英語が入った玉手箱、新卒の総合職の採用テストで使用されることが多いGAB、プログラマーの能力を判断するのに有効なCAB、難易度が高いと言われているTG-WEB、同じ作業を繰り返して性格を判断するクレペリン検査があります。希望する企業がどの適性検査をしようするのかリサーチして、対策をして試験に臨むようにしましょう。

適性検査とは会社等に入る際に適性の有無や程度を判断するために受ける検査のことです。性格検査等もあり、マークシートが多いです。