いつ新しいシステム開発が必要になるのか?

新しい業務を効率化するためにシステムは開発される

パソコンは、会社で仕事をする際に効率よく業務をこなすための道具です。企業では、社員が効率よく仕事をするためにシステムを導入しています。システム開発は、コンビューターをより効率よく使うための開発なのです。新しい業務を始める際には、何をすれば効率よく良い効果が得られるかを考える必要があります。そのために、システム開発では新しい業務に対してコンピューターでどのように処理するか仕組みも考える必要があるのです。

開発には利用者との信頼関係が大切

導入するシステムが決定したら、実際にコンピューターシステムを構築していきます。システムの構築を行うのはプログラマーです。一度構築したシステムは数年以上使うため、構築する側は利用者と信頼関係がなくてはいけません。構築を進めながら、利用者の要望を常に聞く必要があるのです。完成したシステムは小さな変更でもプログラム上、手間とコストがかかります。利用者が使うことを第一に考えて、責任もって構築することが大切なのです。

システム開発後は確認テストが大切

システム構築後は利用者に渡す前に、実際にきちんとシステムが使えるかどうかを確認する必要があります。動作確認を行いながら、利用者の作成した仕様書に合っているかも確認しなくてはいけません。システムが利用者が求めた通りに機能したことを確認できたら、納品と検収です。もちろん開発側でも確認しますが、利用者側でも一通り新しいシステムを確認します。開発者と利用者の確認テストが完了したら、新しいシステムの完成です。

notesのバージョンアップを行う前に、必ず現在使用しているアプリの棚卸しをする必要があります。使用頻度の低いアプリを洗い出して廃止することで、無駄なコストを削減できます。