しっかりやっておくと安心!内定者フォロー3選

内定者と社員との懇親会を開きましょう

内定が決まっているだけの時点では、内定者が辞退してしまうのではないかという不安が付きまといます。そこで懇親会を開くわけです。内定者の現時点での不安や悩みを聞くことにより、そういった点の解消にも繋がります。それに加え、社員と交流することによって、お互いの信頼関係を築き上げることもできます。採用に関わった社員は内定者が憧れを抱いている場合も多く、憧れの人として見ていることもあるのです。懇親会で同期と交流することも、仲間意識を強め、プラスに働くことがあります。

懇親会以外でもコミュニケーションを!

内定者はまだ会社に入社が決まった状態であり、実際に入社するまでには、1年ほど時間があります。懇親会は年に数回開ければ良いほうですが、実際はスケジュールの都合もあり、そうはいかない場合もあります。そこで、SNSなどを活用してコミュニケーションを図るわけです。一対一での交流が苦手な人も多いでしょうから、グループチャットなどを利用して、話しやすい環境を作ってあげましょう。内定者向けの社報を作り、会社の情報をな逐一送ってあげることも大切です。年賀状なども送ってあげるとさらに良いでしょう。

内定者向けの研修を実施

内定者はまだ学生の状態ですが、社会人としての基本を心得てもらうためにも、事前研修を行うようにします。都合で会社に来れない内定者のために、ネットを活用してビジネスマナーを、さらには業界に関わる本を読んでもらい、業界知識や仕事内容への理解を深めてもらっておくのも大切です。仕事に関連する資格の勉強をしてもらい、モチベーションの向上を図るのも手です。一番良いのは、実際に会社に来てもらい、インターンとして仕事を手伝ってもらう方法もあります。これらを行うことによって、内定者の不安解消、さらには実際の仕事への理解が深まるわけです。

社員教育の内容にこだわるために、複数の大手の企業の取り組みに注目をすることがポイントとして挙げられます。