倉庫会社も行っている3PL事業の実態とは!?効率化について詳しく紹介!

一般的に利用されている倉庫の利用とは

倉庫の利用目的は、様々な利用目的がありますが、一般的に商品の保管に利用されている事が多くありますよね。商品の注文があれば、倉庫まで足を運び、運送会社に来てもらい商品を届けてもらう事もあります。倉庫まで足を運ぶ作業や、届け先の住所を記載する作業など手間がかかりますよね。一度であれば、煩わしくない作業かもしれませんが、注文がある度に行えば煩わしくなって来る事もあります。倉庫が離れた場所にあれば、時間的に効率的とは言えませんよね。

倉庫会社が行う3PL事業であれば

倉庫会社が、商品を取り出し運送会社に来てもらえば、倉庫まで足を運ぶ必要性はありませんよね。倉庫会社の中には、この3PL事業と呼ばれるサービスを提供している事もありますよ。注文の入ったデータを、倉庫会社に提供する事によって、直接配送してくれるサービスです。運送会社も連携をする事によって、より効率化を高めている場合もあります。当初は注文をされる方の個人情報に対して問題視されていた事もありました。そもそも、運送会社は個人情報を知らなければ、個人の自宅に配送する事は出来ませんよね。現在に至っては、問題視される事も無くなり、多くの企業で活用されていますよ。

配送を最短に行う事も可能

ユーザーに商品を配送するためには、物理的に距離が生じてしまう事もありますよね。現在のユーザーは我がままであり、一週間も届かなければ不信感を抱く人も多くいます。江戸時代の人達から見れば、我がままな話しかもしれません。配送が早ければ、良い印象を与えやすくなる時代です。逆に言えば、配送が遅ければ死活問題に発展してしまう可能性もありますよね。扱う商品にもよりますが、離れた場所に倉庫を設けていれば、直ぐに配送して届ける事も可能です。3PL事業の中には、離れた場所の複数の倉庫に商品を収めておく事も可能な場合もあります。特に、人口の多い都心近辺に対して、この様な倉庫を設けておきたいですよね。

日本の物流業界は、少子高齢化やグローバル化に伴い再編が加速しています。大規模業者が増えることで、スケールメリットによる恩恵を、消費者も受けられるようになることでしょう。