知っておきたい!貸倉庫の重要チェックポイント

24時間体制が増えています

貸倉庫といいますと、建物の中にあるケースになると営業時間でないと使用できない場所もありますが、現在では24時間体制で営業している店も増加しています。それに加えて大会社の貸倉庫会社において無人によって問題が起きてもスピーディーに対応出来ない事が多々あったのですが、最近では常駐している場所も増加傾向にあります。貸倉庫に対して預ける物が何時入用になるかは確定できないので、活用するケースでは営業時間を見定めてから借入することが重要です。

駐車場の有るか無いかをチェックすることも大切です

貸倉庫は大きさによって費用が異なっていますが、大きくてスペースを取る物を預け入れたくても搬入出来ない場所もあります。加えて細かなものを徐々に預けても一斉に引き上げなければならない事もあると考えられます。そうした場合に自動車を停めるゆとりがないと積荷を移動する事も出来なくなってしまいますので、数多くある積荷や非常に大きな荷物を預かってもらう予定がある方は、前もって駐車場が活用することが出来るか確かめることが大切です。

保険契約可能な貸倉庫が増えています

貸倉庫は家であったり企業に放置する事が出来ないモノを預け入れていると考えられますが、仮に紛失であったり窃盗の場合、いわゆる保証が効かない事があります。しかしながら現在では不測の事態があった時のために保険に加入することが出来る貸倉庫も登場しています。24時間体制で監視システムそのものを組み入れてもどういうことがあるか分かりません。大切な物を預け入れている方はいざと言う場合のために保険に加わることが重要になってきます。

3PLサービスとは、第三者の立場で顧客の物流業務の一部もしくは全てを請負うビジネスの総称です。いわば代理店的な役割を持つため、本サービスを利用することで顧客は業務拡大を見込めます。