自作パソコンは考えもつかないが、自己修理はしたい

自作パソコンは到底無理だが

世の中には、パソコンを自作できる人も存在します。こういう言い方をするのは、自分がパソコンの自作など考えもつかず、到底無理だからですが、パソコンを自作できるような人たちは、パソコンの自作は簡単だと言います。パソコン通信の時代には、現在のように、やり方をアップしてくれる人も少なかったことでしょう。そんな中で、自分で部品を集めて自作パソコンですからね。信じがたいと驚くと同時に、うらやましい、と心底思います。

自作は望まないが、修理はしたい

たとえそういう能力があったとしても、自分はパソコンを自作しようとはしないでしょう。既製品をそのまま買うはずです。ただ、壊れた時の修理は自分でやりたいんです。だって、修理から戻ってくるまでひと月かかることもあるじゃないですか。パソコンに頼り切った生活をしていて、ひと月ですよ。そういう体験をしてからは、予備のパソコンを備えておくようにしてますが、メインのパソコンがないと、やはり結構不便です。直せるなら自分で直したいですよ。

メーカーは自己修理に非協力的

まあ当然かもしれませんが、メーカーは自己修理に反対します。表向きはそれでいいんです。でも、設計図を持っているのはメーカーなんですから、自己修理のヒントをもう少しアップしてくれてもいいじゃないですか。設計図など持たない個人有志が、ボランティアで修理方法をアップしてくれていることもあるのに。どうしてメーカーがこれをやってくれないんだろう、と思いますね。新型に買い替えるといっても、よその会社のパソコンを買うかもしれないのに。

プリント基板設計において、同じ層で配線することは非常に重要となります。違う階層を通ることで発生するノイズを抑えられる為です。